上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


母達が絶飲食中のとももを捨てて?ご飯食べに出かけて行ったまま戻らず
その間に手術室へと向かうともも・・・・・


涙・・・?の6月8日手術日後編です。
結局、母達が戻らないまま手術室へと向かいました。

手術室に入ると

「名前お願いします。」


確認の為自分で名前を言い、入院した日につけられた名前、生年月日、データー管理?の為のバーコードのついたリストバンドを見せて移動用のベッドに寝かされました。

ってことで移動・・・


ガラガラガガラ・・・

ガタン・・・ドッタン・・・バッタン・・・


見えるのは天井だけ・・・
てヵ・・・
結構強引に結構なスピードでベッド引っ張っていくのね・・・(´・ω・`;)


そして見えてきたのはテレビとかで見たことのある手術室のあのなんか丸っこいライト。
手術着も脱がされ・・・
「それじゃこっちの台に移ってもらえますか」

ってことで手術台に移動・・・・

周りどこも見る余裕もなく手術台に仰向け・・・見えるのは天井・・・

左手の方・・・
「はーーぃ針刺しますねーーー」
右手の方・・・
「血圧はかりますねーーー」
胸・・・
「それじゃ心電図つけますねーーー」

あちこちでなんか色々くっつけられてる・・・

そんなこんなされてるうちにだんだん瞼が重くなってきて・・・
なぜか負けるか!!ってがんばって目開けてようとするバカっぷり発揮のとももがwwwww

「それじゃ台に足かけてください」

って言われ足かけたのを最後に瞼がちーーーーーん♪
もぅ記憶がありませんwwwwwwwwwwww


それからがもぅ最低でした・・・・・


「とももさーーん。終わりましたよー」


なんとなく聞こえた声で目が覚めました。
見えたのはどこかわかんないけど天井と視界になんとなく入ってきてた鼻の辺りに見える酸素マスクと看護師さんの顔。
見たことある看護師さんだったのか誰だったのかわかんない。
たぶんベッドごと病室に運ばれてる途中だったのかな・・・・よくわかんない。

「どーしたの?泣いてるの?」

って言われて気付いた。
あれなんか涙いっぱい出てる・・・あれ泣いてるのか?なんで?wwwwwwwwwwwwww

ともも「わかんない。なんで泣いてるの?」

ってとももが聞いてたwwwwwwwwwwwww

体は動かない。仰向けのまま。天井しか見えない。
遠くからなんか聞いたことのある声が聞こえる。
母か・・・
ってことはもぅ病室に戻ってきたのか・・・・

母「あんた、なんで泣いてるのぉー?」
って言いながら目の辺り拭いてくれた。
やっぱりまだ泣いてるんだ・・・・・

ともも「わかんない。なんで泣いてるの?」

ってまた聞いてしまってたwwwwwwwww

それからだんだんとぼーっとはしてるもののなんとなく意識もしっかりしてきて
考えながら話できるようになってきたもののやっぱり涙が止まらない・・・
別になんかツライわけでもなく悲しいわけでもなく無意識に涙が出る。

体が動かないけど普通に母達に話かけれるようになり天井見たままだけど

ともも「ここ病室?」

母「そうよ。戻ってきてるよ」

ともも「そっか」

って言いながらやっぱり泣いてるwwwwwwwなんでwwwwwwwww

とももの涙拭くのに母が立ち上がりとももの近くに来たとき母の顔がうっすら見えた。
母が泣いてる・・・・・
一緒に来てくれてたおばちゃんもなんかズルズルと鼻をすする音が聞こえる・・・

ぁーーーーヤバイ・・・・
心配されてる・・・・・
あとで聞いたんだけど、
予想もしてなかったとももの弱ったように見える姿を見るの辛かったらしい・・・
そりゃそうだろーー。本人泣いてるは酸素マスクなんかしてたらそりゃーびっくりするよなぁ・・・・

とりあえずなんか笑わさなくては・・・と変な関西ぱわーが出てきて
そんな時母が

「ここどこかわかるんかぃ?」
って聞いてきたからボケるとこはココだろ!!って無意識に思ったのか

ともも「おきなわー」

って言ってやったじぇ♪
そんなこといいながらやっぱり涙がでるんだよなぁ・・・・

しかし・・・おきなわではあまりウケなかった・・・
逆に心配されたじぇ・・・
そりゃそーだろぉ・・・・・wwwwwwwwww
慌てて
「いぁ冗談よ。わかってる病室でしょ」
って言い直した。
いきなりボケたらそりゃーこんな時だし頭イカれたって逆に心配になるよねーーーーwwwww

笑わすのは諦めましたwwwwww
普通に話しよーーーーっと♪

ともも「さっきご飯ナニ食べてきたの?」
ともも「今何時?」

とか普通に話してました。それでもなんでか涙出るのよwwwww

そのうち母が

「あんた、ずっと泣いてたのかい?」

って聞いてきました。

ともも「いぁ、なんで泣いてるのかわかんないけどたぶん手術おわって目、覚めてからはずっと」

母「だって、あんた戻ってきたときもぅ目真っ赤だったもん」

って言いながら泣きそうになってる母・・・・
あっちゃーーーーー
これ以上だめだww心配されると困るwwwwwwww

普通の話♪普通に話♪

そういえば術後しばらくしたら飲み物飲んでいいはずだった♪

ということで♪母達におねだり♪

ともも「あとで飲み物飲みたいから、お水とお茶とコーヒー買ってきて♪」

おばちゃん「看護師さん言ってたけど2時間たったら飲んだりしてもいいって言ってたね」

母「んじゃ、売店でなんか買ってくるわー。食べ物もなんか見てくるわー」

よっし♪これで母の気分転換になる♪
それにしても・・・
なんでともも泣いてるんだろwwwwwwwwww
麻酔ってこわーーーい♪
別にホントに悲しいことなーーーんにもなかったのに・・・
でもあとで母が言ってたけど、そういうのあるんだって。
その時はわかんなくてあとあとになんか心で想ってることとかがあって泣いたりしたんだって思い出すんだって。
親戚のおばちゃんが昔、手術した時にそんなことあったらしい。
けど、ホントなんにもなかったんだけどなぁ・・・・
色々終わってホっとしたせいかな・・・・

わかんねーーやwwwwwwwwww


そーこーしてるうちに終わってから2時間ほど経ち、そろそろ起き上がってもいいらしく
看護師さんが

「おトイレ行ってみる?少し歩けるなら歩いた方がいいから」

って言ってきて、もう17時ぐらいだったし母達も面会時間が19時までだからそれまでに
1人で歩けるようになっておきたくてがんばって起き上がってみる。

看護師さんに支えてもらって立ってみたものの・・・・・

だめ・・・・・・
気分悪い・・・
ベッドに座り込む・・・・・

そんなこんなしてると吐き気が・・・・・
我慢できず・・・・吐いた・・・・

胃の中からっぽで吐くもの何もないから余計になんかツライ・・・・
ツラくてしんどくて・・・さすがに涙出た・・・
そのまままた横になるともぅ起き上がれないような気がしてがんばって座ったまま。

やっぱりだめだ・・・また吐いた・・・・
もうすぐ母達も帰らなくちゃいけないのに・・・・
やっぱり母に甘えて泊まりの付き添いの申し込みしてもらえばよかった・・・・と内心思ってましたが
心配させるのイヤだったし、余計な心配で母に倒れられたら困るし・・・

母達が帰る時間までには結局立ち上がることできませんでした。
結局横になったまま・・・・ショボーン..._φ(-ω-` )
寝てれば、全然吐き気しないし平気なのに・・・・
そんな中、さっき買ってきてもらったお水飲んだりしてると

母「そういえばおかぁさんたちもおやつ買ってきたのよ」

といいながらおばちゃんと2人でアップルパイみたいなの食べだしたwwwwwwwwwww
ともも、食べれないのに・・・・・・><ヒドイ

でも少し元気そうな母見て安心♪
そんなこんなしてたら母達も帰る時間になってしまいました。

平気なふりしてたけど・・・
ホントはひとりでいるの心細かった・・・・・
あとで聞いたんですけど母もとももをひとりにさせてしまうのが心配でたまらなかったみたいです。
吐いて、しんどさのあまり涙流してる姿見て代わってやりたいって思ったって。
結局、母その夜ずっと寝れずにあのままの状態だったら明日退院無理だろぉって心配だったんだって。
ありがとーおかん♪
まぁーーー寝たら治るさ♪明日は絶対意地でも退院してやるし♪

結局15時前に手術が終わってそれからずっと3本?程点滴してたんですけど全部終わったのが20時半頃でした。
点滴も終わったしちょっとおトイレ行くのに看護師さんに一応ついてもらって歩こうと思ったんですけど
ぉ♪ひとりであるけるじぇ♪
まぁーーー♪吐き気もするし足元ふらふらやけど・・・・・(´・ω・`;)
吐き気するけどさっきみたいに吐いてしまうほどでもないし♪
すっげーーー回復力♪って自分で思っちゃいました(*/▽\*)

それからはさすがに食欲は全くなかったけど水分は全然飲める♪
買ってきてもらったお水とお茶と次の日の朝方までには全部飲んじゃったヾ(*´∀`*)ノ゛
(けどコーヒーはいくら好きでも飲めなかった・・・)

今日一晩耐えれば明日はお昼までには退院だーーーーーーーーーーー♪
早く朝にならないかなーーーー♪と思いながら早い時間から寝てました♪


6月9日(3日目)へ続く・・・



スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://totomomo.blog59.fc2.com/tb.php/270-e386ec73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。